« DVD評『砂の器』 | Main | DVD評『アイデンティティ』 »

DVD評『鮫肌男と桃尻女』

『鮫肌男と桃尻女』(DVD 04年3月8日鑑賞)
 組の金を奪ってヤクザから逃げてる鮫肌男に、あきらかにキショい叔父から逃げる桃尻女が偶然に合流、よくわからない逃避行が始まる。追いかけるヤクザも皆トチ狂っていて、ここに桃尻女の叔父が放った狂った刺客のような男が絡み、結局、問題は皆殺しでしか解決しない泥沼へ。つーか、金はどこに行ったんだよ、金は。
 役者は良い。浅野忠信、寺島進、岸辺一徳の名演です。怪作の一種。
(石井克人監督 1999年 日本)

|

« DVD評『砂の器』 | Main | DVD評『アイデンティティ』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DVD評『鮫肌男と桃尻女』:

« DVD評『砂の器』 | Main | DVD評『アイデンティティ』 »