« 『狐怪談』 | Main | 『ヴァン・ヘルシング』 »

『キング・アーサー』

『キング・アーサー』(DVD 05年2月11日鑑賞)
「アーサー王と円卓の騎士」は中世の物語だが、実はローマ時代のブリテンの史実に根を持っている。という設定で、ローマからの独立とサクソン人との闘い等々を織り込んだ基本的にはチャンバラスペクタクル、でもイデオロギー的には全くの現代劇。サクソン人に囚われたローマの要人家族を救いに行って、結局は住民まで連れてくることになるのは同じ監督の『ティアーズ・オブ・ザ・サン』そのものだし、おまけにアーサーはやたら「自由、自由」って叫びまくる。このあたり興ざめ。
 ただ、戦闘シーンは見所が多い。凍った湖での戦闘にはマジで手に汗を握ってしまった。
(アントワーン・フークア監督 2004年 アメリカKING ARTHUR)

|

« 『狐怪談』 | Main | 『ヴァン・ヘルシング』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『キング・アーサー』:

» キング・アーサー(劇場版) [ロード・オブ・座・リビング]
アーサー王伝説を題材にした映画ということで、長大なストーリーをコンパクトに2時間でよくまとまった作品でした。長くなる傾向にある映画の中では疲れずに見れるちょうど... [Read More]

Tracked on 2005.02.16 09:46 AM

« 『狐怪談』 | Main | 『ヴァン・ヘルシング』 »