« 『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』 | Main | 『MIND GAME』 »

『誰も知らない』

『誰も知らない』(DVD 05年4月21日鑑賞)
 はじめに言っておくが、私はこの監督の作品を好まない。カルト宗教を扱ったつもりだろう『ディスタンス』など、論ずるにも値しないゴミである。そもそも演技をつけないという自然体の手法は「事件」を描く方法論としては根本的に間違っている。このような方法では「事件」そのものが役者たちの資質や解釈によって矮小化され、「物語」が成立する前に破綻してしまう。だから、実話をモトにしたと言われるこの映画も全く期待せずに観た。
 やっぱり。
 という感じで物足りなさは残るものの、柳楽優弥とYOUが素晴らしい。この映画はこの監督の方法論と役者の資質と「事件」が融合した、一種の奇跡であると感じた。親に捨てられた子どもたちが助け合いながらけなげに生きていく様が切なく、演出とは思えない演出、演技とは思えない演技に感嘆する。
 ただし、限界もある。実話をモトにしたとうたっているが、現実の事件はこんなきれい事では断じてない。この事件が起こった当時、私は戸籍のない子供についての本を書いていたから憶えているのだが、事実では次女は死んだのではなく、居着いていた長男の友人になぶり殺しにされたのだった。埋葬したのも押し入れから臭ってきたからで、しかもそこには母親のいた頃に病死した次男がそのままうち捨てられていた。現実には極めて陰惨な事件であった。
 ところが、このような悲惨を描こうとすれば、必然的に役者は自分以上の残虐を演じること、つまり演技を要求され、監督も演技をつけなければならなくなる。これはこの監督の方法ではない。で、方法のために「事件」の残虐さは切り捨てられることになった。つまり役者の等身大に「事件」が矮小化されることで、その結果として映画は素晴らしい仕上がりになったというわけだ。、柳楽優弥が柳楽優弥であるために、YOUがYOUであるために、「事件」から悲惨の影は削られたのである。
『誰も知らない』は、この監督の手法の限界を鮮やかに、美しく、示している。
 この映画を観て「案外、やっていけるもんじゃん」などと、子供を捨てる親が増えないことを切に願う。
(是枝裕和監督 2004年 日本)

|

« 『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』 | Main | 『MIND GAME』 »

Comments

If you would like to improfe your experiene simply keep visiting this web page and be updated wiyh the most recent news update posted here.

Posted by: England Pages on Wikipedia | 2014.09.30 12:05 AM

Howdy! This is my first comment here so I just wanted to give a quick shout out and tell you I really enjoy reading through your articles. Can you recommend any other blogs/websites/forums that deal with the same topics? Thanks for your time!

Posted by: Clash of clans cheat | 2014.11.10 03:51 AM

Believe us, there cannot be a bigger adventure than being in control of a 1000 pound animal. This teaches the horse to tolerate having a rope moving around his legs and body. Riding lessons have always been associated to middleclass and those privileged children with rich parents and a white Range Rover, horse riding and all that comes with it certainly an expensive pastime.

Posted by: Horse Show Scarves | 2014.11.10 01:18 PM

You need not covet something elusive, you need only recognize and appreciate the treasure you own - your acres of diamonds.

Posted by: free imvu credits generator 2015 | 2015.02.20 12:17 AM

This is my first time pay a visit at here and i am really impressed to read everthing at alone place.

Posted by: m88 | 2015.04.16 02:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『誰も知らない』:

» 誰も知らない ★★★★★ [マダム・クニコの映画解体新書]
  悲惨な境遇なのに、不思議な豊饒さがある。できることならこの空間と時間が永遠に続いて欲しい、そう思いながら観ていた。なぜ豊かさを感じるのか。本作のテーマは 、本当は誰もが知っていなければならないのに、誰もが知らないうちに封印してしまっている「他者との関わりの本質」である。4人の兄妹の暮らしの中には、それがいっぱい詰まっているのだ。  彼らはある種のユートピアを 築いていた。戸籍を持つ 私たちは法という... [Read More]

Tracked on 2005.04.30 10:57 PM

« 『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』 | Main | 『MIND GAME』 »