« 『ソウ』 | Main | 『僕はラジオ』 »

『ロスト・イン・トランスレーション』

『ロスト・イン・トランスレーション』(DVD 05年5月24日鑑賞)
 CM撮影のために日本にやってきた男優と、カメラマンの妻との、なんとも気怠い、恋とも言えぬ心の接触というか、それ以上がないだけに、なんとも気怠くて、それがエキゾチックな東京の雰囲気に浮きながら溶け込んでいて、いや、何とも言えぬ、不健康な魅力を醸し出している。
 男優もカメラマンの妻も、基本的に自分の配偶者との意思疎通が出来ておらず、その欠落を埋めるかのように引かれあうんだけど、だからといって、この二人が互いの何かを理解し合っているというわけでもない。もしこの二人が不倫の関係になって結婚しても、また同じことを繰り返すだろう。生まれながらに孤独な人間はいるものだし、そんな人間はそんな風にしか生きていけないものだってこと。この人とつながったかも知れないって一瞬の幻想を思い出にしてね。いや、切ない。
 前評判は今ひとつだったけど、これは中々だと思う。
(ソフィア・コッポラ監督 2003年 アメリカ Lost In Translation)

|

« 『ソウ』 | Main | 『僕はラジオ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ロスト・イン・トランスレーション』:

« 『ソウ』 | Main | 『僕はラジオ』 »