« 『ターミナル』 | Main | 『スターシップ・トゥルーパーズ2』 »

『アンナとロッテ』

『アンナとロッテ』(DVD 05年6月2日鑑賞)
 ヒットラー台頭前夜のドイツ、両親を亡くした幼い双子の姉妹がいて、そのうちアンナは貧しいドイツの農民の家に、もう一人のロッテは裕福なオランダの商家へ、それぞれ引き取られていく。健康なアンナは奴隷のようにこき使われて学校にも行かせてもらえず、結核だったロッテはサナトリウムよりも立派な設備で看病を受けて健康になり大学にまで進学する。ナチスがヨーロッパを席巻すると、アンナはSSの士官と結婚、ロッテの婚約者はユダヤ人であるが故にアウシュヴィッツに送られ、そして終戦。アンナがナチスだった期間などほんの少しなのに、婚約者を殺されたロッテはそれが許せない。
 時代に翻弄されるとは、こんな人生をいうのだろう。老嬢になった二人が、それぞれ和解を求めつつ反発せずにはいられない様が悲しい。
(ベン・ソムボハールト監督 2002年 ルクセンブルク De Tweeling)

|

« 『ターミナル』 | Main | 『スターシップ・トゥルーパーズ2』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『アンナとロッテ』:

« 『ターミナル』 | Main | 『スターシップ・トゥルーパーズ2』 »