« 『僕はラジオ』 | Main | 『エイリアンVS. プレデター』 »

DVD評『春夏秋冬そして春』

『春夏秋冬そして春』(DVD 05年5月29日鑑賞)
 湖全体が寺なのだろうか、岸に山門があり、島のように水面の真ん中に大極殿が浮かんでいる。行き来の手段は一艘の小舟。
 和尚と子供の二人が静かに暮らす春。人生の全てを予感させるような子供の悪戯。
 夏、子供は少年に成長して、寺には妖しげな少女が養生にやってくる。人生の夏は恋の季節であり、激しい旅立ちの時でもある。
 秋、濁世は少年の心を蝕み、静寂の冬を用意する。
 そして春。人間はまた同じことを繰り返すのだろうか。
 ストーリーよりも、湖の映像と人生の四季を味わうべき佳作。ただ、明らかに、中国や日本と間違えることを期待したようなシーンが多々あり、そこは興ざめ。
(キム・ギドク監督 2003年 韓国・ドイツ SPRING, SUMMER, FALL, WINTER... AND SPRING)

|

« 『僕はラジオ』 | Main | 『エイリアンVS. プレデター』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DVD評『春夏秋冬そして春』:

« 『僕はラジオ』 | Main | 『エイリアンVS. プレデター』 »