« 『CODE46』 | Main | 『砂と霧の家』 »

『キャットウーマン』

『キャットウーマン』(DVD 05年6月14日鑑賞)
 エジプトの猫の呪いというか魔法というか、その力でスーパーウーマンとして蘇った元OLのキャットウーマン。自分の物欲に従ってセコい盗みをはたらきながら、一方では巨大企業の社会悪に挑んでいく。なんだか矛盾してるけど、これがまあ「猫」というもので、女と同じく、男の単純な正義とは違うんだと説明されれば、はいそうですかと納得する他はない。
 何度も書いたように、ハリウッド的には〈真〉と〈善〉を貫いた男への戦利品としてあるのが〈美〉を体現する美女なのである。ところが、『キャットウーマン』では〈美〉が〈真〉も〈善〉も独占してしまっており、このことが作品としての厚みや心理的な深さを奪うことになった。ハリウッドで女をスーパーヒーローにするにはまだかなりアクロバティックな操作が必要だろうと思われる。もっと日本のアニメを参考にしてほしい。
(ピトフ監督 2004年 アメリカ CATWOMAN)

|

« 『CODE46』 | Main | 『砂と霧の家』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『キャットウーマン』:

» キャットウーマン [AML Amazon Link]
キャットウーマン [Read More]

Tracked on 2005.06.25 03:47 PM

« 『CODE46』 | Main | 『砂と霧の家』 »